西野 精治

西野 精治

スタンフォード大学医学部精神科教授、同大学睡眠生体リズム研究所(SCNL)所長。 1955年大阪府出身。1987年、当時在籍していた大阪医科大学大学院からスタンフォード大学精神科睡眠研究所に留学。突然眠りに落ちてしまう過眠症「ナルコレプシー」の原因究明に全力を注ぐ。
1999年にイヌの家族性ナルコレプシーにおける原因遺伝子を発見し、翌2000年にはグループの中心としてヒトのナルコレプシーの主たる発生メカニズムを突き止めた。
2005年にSCNLの所長に就任。睡眠・覚醒のメカニズムを、分子・遺伝子レベルから個体レベルまでの幅広い視野で研究している。
「睡眠の謎を解き明かして社会に還元する」を命題としており、令和元年には 睡眠に関する正しい情報発信のほか、 研究、実証した成果をベースにした睡眠サービスや製品の開発を行う目的で、株式会社ブレインスリープを設立し、その代表取締役に就任。
2017年に出版した啓蒙本、”スタンフォード式 最高の睡眠」が30万部を超えるベストセラーとなり、書籍で取り上げた「睡眠負債」が流行語大賞トップ10に選出された。

主な書著

  • 「スタンフォード式 最高の睡眠」サンマーク出版
  • 「スタンフォード教授が教える 熟睡の習慣」PHP出版

ご講義内容について

タイトル:良質な睡眠と健全な発育

講義時間:14:25 - 15:15

近代の睡眠研究は1950年代のレム睡眠の発見を契機に始まった。睡眠は、単なる休息だけではなく、成長、新陳代謝やホルモンバランスの調整、免疫力の増強、脳の老廃物の除去など、生命の源となる重要な役割を果たしていることが明らかになった。睡眠は小児期の脳の発達にも重要で、運動パフォーマンスの向上や怪我の予防の観点で、スポーツ医学でも注目されている。今回、良質な睡眠により、健全な心身の 発育を得る手法を紹介したい。