倉持 梨恵子

倉持 梨恵子

出身

北海道

保有資格

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

所属(現在)

過去の講義シンポジウム

中京大学スポーツ科学部 スポーツ健康科学科 准教授

  • 慢性疼痛を運動で解決する~コレクティブアプローチによるアスリート支援(日本健康行動科学会第13回学術大会)
  • 体幹トレーニング 体感!?~ケガの予防とパフォーマンスアップの鍵~(中部経済連合会主催第17回NEXT30産学フォーラム)
  • スポーツ障害に対するコレクティブアプローチ(第3回徳島運動器コンディショニングセミナー)
  • 腰椎椎間板ヘルニア~120%の状態での術後復帰~(第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
  • アスリートの立場で腰痛管理~非特異的腰痛では困ります~確定診断のつかない腰痛に対する運動療法(第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会)

大学・大学院・医大など

  • 早稲田大学人間科学部スポーツ科学科 卒業
  • 早稲田大学大学院人間科学研究科 修了 博士(人間科学)
  • 早稲田大学スポーツ科学学術院 助手
  • 帝京平成大学地域医療学部 講師 その後現職

専門・研究

アスレティック・トレーニング、コレクティブアプローチ、腰痛の運動療法

どの分野や何に対して情熱があるかなど…

中学・高校の部活動で怪我に困っている仲間を助けたい!という想いが今の活動に繋がっています。痛みのある部位だけでなく、そこに痛みを引き起こしている本当の原因は何か?ということに目を向け、それを修正する「コレクティブアプローチ」によって多くの選手の問題を解決してきました。動きで起こった問題を動きで解決すると、怪我の改善や予防だけでなく、パフォーマンスの向上にも繋がります。「思い込まない、抱え込まない、諦めない」をモットーに、怪我で困っている人が一人でも少なくなるように、また、それをサポートできる仲間を増やせるように活動しています。

ご講義内容について

タイトル:ケガ予防とパフォーマンス向上のためのコレクティブアプローチ

講義時間:16:40 - 17:00

 アスレティックトレーナーの一番大事な役割はケガをしづらい身体づくりをサポートすることです。関節ごとの正しい機能を知り、弱点を見つけだし、それを修正(コレクト)することで、ケガはしづらくなり、パフォーマンスは向上します。選手自身はもちろん、選手に関わる全ての人が共通理解をすることで、可能性を広げましょう!