坂田 淳

坂田 淳

保有資格

理学療法士
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

所属(現在)

早稲田大学
トヨタ自動車株式会社 トヨタ記念病院

過去の講義シンポジウム

Rehabilitation & Prevention for throwing injuries(@ 日本臨床スポーツ医学会、日本スポーツ理学療法学会、神奈川学童野球指導者セミナー、日米ベースボールスポーツメディスンミーティング)

大学・大学院・医大など

早稲田大学人間科学部-早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程-同博士課程

専門・研究

投球障害に対するリハビリテーション・予防
特に学童期の野球選手に対する発育発達段階に合わせたトレーニングや予防法の確立をライフワークにしています。

ご講義内容について

タイトル:子どもの野球選手に必要な体力と今のからだに合ったトレーニング方法とは?

講義時間:17:00 - 17:20

最近、ニュースなどでも野球選手におけるひじの故障の問題が取り上げられています。高校野球や大人になってからの野球の故障の多くは、子どもの頃の古傷が影響します。子どもの頃から、発育発達に合わせてからだをじょうぶにすることで野球はじょうずにもなり、故障も減らすことができます。子どもは大人のミニチュアではありません。今のからだに合った、必要な体力と具体的なトレーニング方法について紹介したいと思います。