志岐 幸子

志岐 幸子

出身

兵庫県

保有資格

博士(人間科学)

所属(現在)

関西大学人間健康学部人間健康学科スポーツと健康コース

過去のご講義されたシンポジウム

  • 地域活性化フォーラム「スポーツフロンティアシティ21」スポーツを核にした地域活性化策探る(国土庁・清水市)
  • 住民参加による地域活性化シンポジウム-スポーツ・文化・芸術ボランティアによる地域活性化(国土庁)
  • 事故を防ぐ力-感性が果たす役割について-(日本集中治療医学会)
  • 子供たちの"からだ"と"こころ"-ジュニアのためのスポーツの環境づくりを考える(日本ジュニアスポーツ育成協会)
  • スポーツと体罰について(日本ラグビー学会)

大学・大学院・医大など

早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業
早稲田大学大学院人間科学研究科修了

職歴

1994-1996 スポーツキャスター(フジテレビジョン/NHK)
1998-1999 報道情報番組キャスター・コメンテーター(朝日ニュースター)
2009 関西大学文学部准教授
2010 同大学人間健康学部准教授
2017 同大学人間健康学部教授
2018 スタンフォード大学医学部Health and Human Performance Program Visiting Scholar

専門・研究

  • 感性学
  • スポーツ感性学
  • トップアスリートの感性

どの分野や何に対して情熱があるかなど…

スポーツ・ビジネスを含む各分野・各世代の感性教育

ご講義内容について

タイトル:子供の感性教育が未来を変える

講義時間:15:20 - 15:50

「感性」は、従来の科学的分析やデータでは得られない情報を得る直感や想像力、創造性などに関わる内側の感覚・知性のことです。感性を磨くことによって、才能を開花させることや事前に危機を回避すること、良好な人間関係を築くことなど様々な能力の発現が期待できますが、子どもがその感性を活用できるようになるためには、周囲の大人たちの関わり方が大切です。本講義では、子どもの感性を磨くために役立つことをお伝えします。